意外と知らない補助金の使い道|事業で使っていい補助金,悪い補助金をご紹介

コロナ禍で企業活動が苦しくなる昨今,日本は先の読めない流れVUCAの時代にも直面しています。

小さな企業なら天災だけでも大打撃。
そこで日本を支える中小企業を応援するため,政府が助成金を提供しています。

さらに,自社としてアピール出来る部分があれば事業支援に使える補助金の提供も。
そんな補助金,助成金の違いと各種申請方法など政府からのお金に関する疑問についてご説明いたします。

補助金支援の広告はよく見るけれど

昨今,インターネット広告を通じて補助金の文字をよく見かけます。

また,一度補助金,助成金について検索してみると何かいろいろなことにお金が使えそうな気も。

ですから,ふたつのお金の違いもなんとなくしかわからないのではないでしょうか?

しかし,助成金,補助金ともにある一定の内容以外では使えませんし,ふたつのお金は全く違います。

補助金と助成金と融資の違い

助成金とは一定の基準を満たせば企業に支給されるお金のこと。

このとき,雇用保険適用の事業所なら業種がほとんど関係なく主にヒトに関するお金という点が特徴です。
イメージとしては学生のころを想像してもらえれば奨学金に近いものです。

一方,補助金とは経営に前向きな企業に対してより支援されるためにあるもので,コンペ式でもらえるお金になります。
また,支援内容が企業の中で達成されてから審査という後払い型で指定の規格内の支出がある場合一円も補助金がおりないという過酷なもの。
補助金は企業が提供しているものと国が提供しているものがありどちらも公募制というところが特徴です。

これらふたつは事業に使ったお金,使うお金で限定的な範囲で使うことが許されるものになります。
逆に,融資は返済が必要ながら自由に使うことが出来ますので大きな違いは自由度でしょうか。

事業に使える補助金の種類

事業に関する補助金のうち,企業が提供するものはたくさんあるため割愛します。
時期や地域によって申請に制限があることだけご留意ください。
今回は国の支援する補助金についていくつか解説します。

小規模事業者持続化補助金

商工会調べの知名度は1割とマイナーな補助金。

主に,販路拡大に使用することが出来る補助金です。
さらに,販路を広げる目的の中で企業のIT化をする必要がある際,その手のことにも使って良い決まりがあります。
汎用性の高いものは対象外ですが。

使用用途として,広告費,イベント会場費用,資料購入費,雑役務費,車両購入費,設備処分費,委託,外注費,旅費,開発費,テナント費などを補助に使用可能となっています。
補助額は企業規模などにより異なるので詳しくは中小企業庁で検索してみてください.

IT導入補助金

中小企業が申請出来るITにまつわる補助金です。
ソフトウェアやオプションを含むITツール(スラックなどコミュニケーションツール)に使用可能。

交付の目的は働き方改革を中心に制度の変更に対して必要なお金としてという意味合いをしています。
また,ソフトウェアは以下に示す範囲の内容を助けてくれるITツールなら補助金セイン正可能です。

一 顧客対応・販売支援
二 決済・債権債務・資金回収管理
三 調達・供給・在庫・物流
四 会計・財務・経営
五 総務・人事・給与・労務・教育訓練・法務・情報システム
六 業種固有
七 汎用・自動化・分析ツール

事業再構成補助金

景気悪化の影響をなくすよう支援する補助金です。
申請対象は景気悪化のあおりを受ける前後3ヶ月ずつの売上を提出できる中小企業が対象。

なお,事業規模によって補助額が異なります。
使用用途は,事業のやり直し,新規事業開拓,業務・業態転換にかかる費用に使えます。

業務転換では,自社と言ったらコレというブランドを新たに作り主たる事業を変えること,業態転換なら商材の提供方法や製造方法の変更を意味します。

事業で使っていい補助金,悪い補助金

補助金の特徴は以下3つでした。
・コンペ方式後払い型
・主に事業活動に使って良いお金
・税金や企業,社会にプラスをもたらすことを狙ったお金

補助金は後払いということもあり,主に使い道として達成した内容の補填,向上に使用可能です。
例えばIT化を促進したいと補助金が設定されて,とある企業が基準を満たし申請が通ったとします。

企業のIT化を促進するにあたって使ったお金をあとあと補助金で相殺する形をイメージしていただければ良いのではないでしょうか。

また,すべての業種,業界に適応されないのが補助金ですから企業は政府の政策目標に沿って作られた補助金を使う以上規範になる事業成果が暗黙の了解として求められます。

補助金の申請方法

続いて補助金申請についてです。

公募を探し参加する

企業が公募するもの,国が公募するものいずれもオンライン上での申請が可能なものが多く,まずは公募の種類と期間を確認しましょう。

ここからは,国の補助金について例を挙げて申請方法を解説します。

公募を見つけたら,国の場合gBizIDプライムアカウントを作成し申請する必要があります。
この申請はオンライン上ですが通るまで2週間かかることに注意が必要です。

続いて,公募申請書を提出,採択されれば交付申請が出来るようになります。

審査をクリアする

交付が決定した後も,交付金の状況報告をする必要があります。

2回の検査を受け,間違いなく補助金が該当の範囲で使われることを確信された後,交付額が決定し,補助金の支払い申請が出来ます。

補助金申請するならまずやること

補助金の特徴は以下3つでした。
・コンペ方式後払い型
・主に事業活動に使って良いお金
・税金や企業や社会プラスをもたらすことを狙ったお金

助成金と違い,広く採用されるものではないものの事業に使える点でお得な内容でした。

また,企業やNPOが公募する種類もあり幅広く展開しているため自社の取り組みにあっている事業補助を探してみてもいいかも知れませんね。

補助金でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

最近の投稿

ネット集客を成功させる4つのコツ!集客方法も合わせてご紹介 「SNSやYou Tube,SEOを使った集客効果って本当はあるのか?」 自社サービスはいいものなのになかなか売れない,そんなお悩みをお持ちのオンライン集客に切 […]

補助金のおすすめ3選!中小企業・小規模事業者向け 今回は、おすすめの補助金について、中小企業向けにご紹介していきます。 企業にとって最も悩ましいのは、「経営のための資金繰り」と言っても過言ではありません。 開業するときに […]

組織のための人事ロードマップ|これからを見据えた組織のためのポイント 組織づくりにはまず,方向性が重要です。 同じように,これからを担う世代の育成にもどんな方向性に向かってほしいかの基準は必須. 人が育たねば,将来的な企 […]